無更新日記

クインマンサくいんまんさくいんまんさくいん満作インしたお!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GuildWars】プレイ前に知っておきたい事

基本的な事は公式に書いてあるので、
載ってない部分で知ってると便利な機能を幾つか
紹介します。

①レーダーの便利機能
first-try1.jpg
GuildWarsにはレーダー機能がついていて、ある程度の範囲にいる
敵や味方の位置が小さいMapで確認できます。中心にいる緑色の点が
自分になります。↑のMapにはいませんが敵は赤い点で表示されます。
まぁここまでは公式に出てます。はい。
 中心の自分の点の周りに白いモヤみたいのが見えるかと思いますが、
この白い円の中にモンスターが入ると、此方に気づいて襲い掛かって
きます(Aggro範囲)。モンスターを避けたい時や、Pull(引っ張る)
したい時などに大事な目安となります。"基本的に"特別な事がない
かぎり、この円にモンスターが接触しなければ襲ってきません。
Quest等でイベントが発生していたりすると遠くから一直線に襲って
きたりはしますが・・・。
 では、もう一度↑の画像を見て下さい。レーダーの上の方に赤い
点が見えるかと思います。この点はレーダーの上にマウスのカーソル
合わせ、任意の場所をClickする事で出せるもので、英語版だとPingと
呼んでます。Clickと同時に「ピーーン」と音がなり波紋上に赤い円が
Clickした場所を中心に広がっていきます。2.3秒すると消えてしまい
ますが何度でもできます。戦闘中など忙しい時はChatで指示を出す
時間がなかったりします。敵がこっちに移動してきた時や、これから
進む道を示したりする時にPingを利用したりします。
first-try2.jpg first-try3.jpg
また↑のようにレーダー上に線を書き入れる事もできます。マウスの
カーソルをレーダーの上に持って行き、ペイント系ソフトの要領で
書き込むだけです。これで具体的に「どのように動くか」「どこで
待機するか」「敵をどこから何処へ引っ張ってくるか」等の指示を
出したりします。ちまたではVoiceChat必須とかいう話も出ています
が、これだけでかなりの意思疎通をすばやく行う事ができます。
(まぁあれば便利ですけどねVoiceChat・・・無くても心配はいりません)


②ターゲットを合わせる為に
他のMMORPG等でもそうですが、GuildWarsでも各個撃破が基本に
なります。その為には攻撃対象・・・ターゲットを合わせる必要が
でてきます(英語版だとAssistといいます)。Warriorが殴ってい
る敵を目で見て、それをClickしてターゲットし、同じターゲットを
攻撃する。なんていう事をしていたらかなりの時間をロスします。
また10数匹の同じ名前の敵が密集していた場合に、それらを行うの
はとても難しく大変です。そこで、まずは指示を出す人を事前に決め
ておきます(英語版だとCallerといいます)Callerが「○○を攻撃す
る」とPartyのMemberに知らせる事で、他のMemberがAssistしやすい
ようにするわけです。
first-try4.jpg
↑の図を参照しながら説明します。
「○○を攻撃する」といってもChatでいちいち打ち込む訳では
ありません。まずCallerはClickまたはターゲットキーで攻撃対象を
選びます。すると①の場所にTargetの名前が表示されます。この状態
でキーボードの「Ctrl+Space」を押すと、図の②のように
「私は○○を攻撃している」
と自動で喋ってくれます。これはGroup用のChatWindowにも自動で
表示されます。ただコレだと同じ名前の敵がいっぱい周りにいた
場合は意味がありません。そこで③の印です。小さいIconがParty
Windowの横に表示されていますが、これはCallをした人の名前の横に
表示されます。他のMemberはこのIconをClickする事で、簡単にCaller
のAsssistをする事ができるのです。またCallerがCallした後にキー
ボードの「T」を押す事で(キーボードの設定が初期状態)同じように
Assistする事ができます。また複数の人が同時にCallした場合は、一番
新しいCallに反応します。ちなみに④はTargetの敵が使用したSkill。
⑤はそのSkillの名前と発動までの時間をBarで表示しています。
MesmerやRangerでShutdown系(魔法を中断する事)をしたい人は、⑤の
部分を監視する事が重要になります。

「Ctrl+Space」・・・Call+Targetへの攻撃開始
「Ctrl+Shift+Space」・・・Callのみ
「T」・・・Callerと同じTargetをひろえる

 ※レーダーやPartyWindow、また④や⑤の表示場所は
  設定で変更できます


③GuildWarsの鯖
通常のMMORPGの場合は鯖が違うと一緒に遊ぶ事ができませんが、
GuildWarsはそういった鯖による区別がありません。そのお陰で、
誰とでも一緒に遊び、また対戦する事ができる機会が用意されて
います。ですが、世界中で数万の人が同時にプレイしているのに、
それに対する処置が無ければ街が人で溢れかえる事になります。
そこでGuildWarsの場合は街や村を待合室にみたてていて、ある
程度の人数がその待合室に集まってくると、自動的に「待合室1」
「待合室2」・・・3・・・4・・と増えていきます。そうする事で負荷を
分散し、鯖をいくつも用意しなくても良いようになっているわけ
です。

まずゲームを始めると「Ascalon(アスカロン)」いう街から始まり
ます。さて友達のA君と「アスカロン」で待ち合わせしたいとします。
この時に注意したいのは上で説明したように「アスカロン」は一つ
では無い事です。(Story上はもちろんその町は1個ですよw)
便宜上一時的に増えているので、まず自分がいる場所が「アスカロン」
の何番にいるのか確認して下さい。画面の左上に↓画像のようなプル
ダウンがあります。
first-try5.jpg
↑の画像だと「アスカロン市14番(アメリカ鯖)」となっています。
そして現在はアスカロンが16個にまで増えていますね。ココで確認が
できたら「アスカロンの○○番で集合」と友人A君にメッセージを
送り、その番号を選択すれば自動的に読み込みが始まり移動します。
ちなみに一番したの「International District」ですが、ここに移動
する事で英語版のプレイヤーやヨーロッパ等の人達と一緒に遊ぶ事が
できます。

待ち合わせができたなら、グループを組んで街の外に出てみましょう。
そこからは貴方のグループのプライベートゾーンになります。:)
それでは皆さんOpenβで会いましょう~。


Comment

けい says... ""
お役立ち情報どもです!
いよいよですねえ~。

私は雷のせいで回線落ちまくりですorz
2006.01.10 19:20 | URL | #- [edit]
Niece says... ""
あと15分でスタートなのに
回線オチまくりですかw
気合で繋げて頑張って下さいw
2006.01.10 19:55 | URL | #- [edit]
シャナナ says... ""
こんばんわ(*'-')βはじまりましたね!
今日さっそく1キャラ作りサポまで取ってきました
ペットで遊ぶのがちょっと楽しいですw
あー、こんな便利機能があったのですね(´・ω・`)
明日は是非使って見ます(≧▽≦)ノ
2006.01.11 01:16 | URL | #OucFHXVM [edit]
Niece says... ""
ペット良いですね。身代わりに攻撃されて
壁になってくれるし。今はすぐに死んでしまい
ますが、中盤にペット全員をHealするSkill。
後半にペット全員にリジェネをかけるSkill。
が手に入ります。そうなるともうぺットがワン
サカで楽しさ倍増です。サポがMonkなら
ペットにHealとかして延命したりできるん
ですけどねw

今は友達と遊んでるのかな?ゲームを進めて
いくと同時に遊べる人数が2名>4名>6名・・・
と増えていくので、機会があれば一緒に遊んで
下さいな。
2006.01.11 15:34 | URL | #- [edit]
シャナナ says... ""
レンジャーのペットほど頭は良くなさそうですが(*´▽`*)
居ないなと思うと、あっちのほうで勝手に戦ってたり・・w
まぁ、それも可愛いですけどね(爆)
今はお友達とクエをやっています。
そろそろメインクエを進めようと思ってますが
機会があったら是非一緒に遊んでくださいw

2006.01.12 09:02 | URL | #OucFHXVM [edit]
Niece says... ""
To シャナナ
大丈夫です。Rangerのペットも馬鹿ですからw
ちなみにNecroのペットは2種類いて、見た目も
ちがうから楽しいです。2個同時召喚とかもあったり。
2006.01.12 17:26 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://niece.blog5.fc2.com/tb.php/174-aa48b7a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。