無更新日記

クインマンサくいんまんさくいんまんさくいん満作インしたお!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GuildWars】新Guild Hall-その1-

新しいGuild Hallが4つ追加されたので、さっそく
ライオンアーチから遊びに行ってきました。
list.jpg

まずは何度かGvGで体験済みの要塞島から~

■要塞島(Imperial Isle)
yousai1.jpg yousai-map.jpg yousai-map-kouzou.jpg
特徴:
  ・主戦場がとても広い
  ・2つのテレポーターがMap中央の両サイドに
   存在し、瞬時に逆サイドへ移動できる。
  ・旗がPOPする廊下は、天井から酸性の雫が落ちてくる。
   アシッドトラップ
  ・城門/シーフ有り
  ・兵器無し
------------------------------------------------------
yousai2.jpg yousai3.jpg
大きな特徴といえばまずはコレ↑でしょう。Map中央のFlag
Towerを挟む形で存在するテレポーター。鳳凰ですかね?
この光る丸い球体の中に飛び込むと、反対側にある右側の
画像の魔方陣までテレポートします。魔方陣はあくまで
テレポートの到着地点であり、そこから逆サイドに戻る事は
できません。

yousai4.jpg yousai5.jpg
次は↑ですね。GWFから新たに追加された"環境効果"
「アシッド トラップ」です。沼地や氷の上などを歩いた時に
受ける異常状態と同じで、特殊な場所を通過したり、立ち
止まったりする事で、その地形の影響を受けてしまいます。
このマップでは、旗がPOPする場所の天井から酸が落ちてくる
という内容で、Flaggerにとっては避けて通れない物となって
います。

yousai7.jpg yousai8.jpg
各陣営にある2箇所の門です。両陣営とも作りに違いはなく
まったく同じになっています。それは全体にもいえる事で、
背景が違うだけでマップの作りは一緒です。
左の画像の門から出ると、橋を渡って主戦場に出るか、まっ
すぐテレポーターのある場所へ抜ける二通りの道があります。

yousai9.jpg
このマップのFlag Towerは両側を柱に挟まれており、Flagger
の邪魔をしやすく、同時にされやすいです。チーム全体として
戦線、戦場を上手く操作・意識し、仲間Flaggerが優位に立て
る状況作る必要があります。

yousai10.jpg
旗がPOPする廊下です。アシッドトラップは旗付近だけでは
なく、比較的広い範囲で酸を落としてきます。一切止まらずに
通り抜けると180Dmgうけます。これは移動速度を上昇させて
いても同じで「通常速度で6回」「25%速度上昇で6回」と、
テストしてみましたが、うけるダメージは同じでした。ただ
通常は旗を拾う為に立ち止まる事になるので、さらにダメージ
をうける事になります。敵Flaggerが旗を拾いに行く時を狙え
ば容易に倒す事も可能ですが、それはお互いに言える事なので
注意が必要です。

------------------------------------------------------

とにかく広いマップです。基本的に中央のFlag Tower付近で
ガチンコの戦闘になる事が多いように思います。兵器が無く
一発逆転を狙いにくい事や、「灼熱の島」ほどではないにせよ
分隊のしにくいこのギルドホールは、正面からの戦いに自信
があり、バランスやフォーカスを用いたGuildに向いていると
思います。
また一つ特筆すべき点をあげるとすれば、Flaggerの能力差、
またソレをサポートするような作戦が、他のマップよりも
大きく戦況に影響するであろう点です。このマップの特徴で
もあるテレポーターは「旗POP場所」から「Flag Tower」へ
の通り道にあり、容易に敵Flaggerの邪魔を行えるようになって
います。どのマップでもそうですが、Flaggerが優位に立てる
戦線、戦闘場所をより意識して戦略を組み立てる必要あると
思います。

---
まぁ、戦況が硬直するとただ旗を運ぶだけになりがちな
Flaggerですが、ココでは主役になれます。タイマンに
自信がある人はアグレッシブなFlagワークを楽しみましょ~。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://niece.blog5.fc2.com/tb.php/302-26628d81
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。